免疫力を強化してアトピーを改善することが出来る

多くの女性も悩んでいる

ウーマン

こんな症状が現れたら

鉄欠乏性貧血は、多くの女性にみられる貧血のひとつです。目の粘膜が白くなったり、さじ状爪といって、爪がスプーン状に反ったりします。食生活が乱れていたり、妊娠をすることで鉄分が不足してしまうことが原因とされています。また、女性であれば、生理による出血が続いたりすることも原因になります。その他にも、再生不良性貧血や溶血性貧血、二次性貧血という種類の貧血もあります。このような場合は、病院での治療が必要になります。たかが貧血だと放置していると、大きな病気が隠れている可能性もあります。症状が長く続いたりしたら、早めに病院に行きましょう。内科や循環器内科、女性であれば産婦人科に行って診察を受けると良いでしょう。

病気が隠れていることも

現在は、日本人女性の約17%の人が、貧血であると言われています。貧血といっても、その種類や症状も様々です。貧血になると、耳鳴りや立ちくらみ、動機や息切れといった症状が現れます。その他にも、疲れやすくなったりすることもあります。これは、血液を全身に送ろうとすることで、心臓や肺に負担がかかってしまうためです。また、ひどくなると、皮膚の赤みがなくなるので、顔色も悪く感じられます。症状を改善するには、鉄分を多く摂取してあげることが大切です。鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。ヘム鉄は、肉や魚に多く含まれていて、体内にも吸収しやすい鉄分です。非ヘム鉄は、卵や乳製品に含まれていますが、吸収率は低いので、たんぱく質やビタミンCと一緒に摂取しましょう。これらはサプリメントで摂取すると効率的です。